ノーマンズスカイをGTX970でベンチマークしてみた

パッチで動作が改善されたのかノーマンズスカイをプレイしてみた…

タイトル画面

 

発売されてから複数のパッチがあたり久しぶりにノーマンズスカイをプレイしてみることに。以前と同じように最初の起動タイトルは相変わらずカクつきがあったりしました。フレームレートも10〜30fpsといった感じ。あとプレイ画面に移行するまで以前より非常に長かったです。久しぶりに起動したからかな…???

 

グラフィック設定

 

私のノーマンズスカイのグラフィック環境はこんな感じ。FOVは最大設定にしています。またテクスチャ詳細のみ高設定にしてあとは中設定。発売当初はやたらフレームレートが低かったのでグラフィック設定を少し下げた覚えがあります。

 

以前は確か100fpsいかなかった気がしましたがパッチ後は上記の設定で100fps〜130fpsを安定して出せるようになりました。懸念していた視点移動時のカクつき問題も見られません。多少はゲームにストレスを感じないでプレイすることが可能になっています。

 

ただし、相変わらず視点移動が遅い。
PC版でこんな遅いと眠たくなってきます。視点移動をもっと早くして欲しい。これマウスをハイセンシで設定している人はイラつくほどの遅さです。FPSゲームを並行してやっているとAIM感覚がかなりズレてくる…

 

宇宙ステーション

 

宇宙ステーション周り、異星人がいる室内空間も概ね100fps以上で安定して動作するようになったのは嬉しかったですね。あとプレイして思ったのが意外とメインメモリの容量を食うこと。6GB以上は消費されているようです。

 

私の場合は16GBメモリを搭載しているので良いですが8GBメモリの方は少しブラウザを立ち上げながらプレイすると厳しくなるのではないでしょうか。ノーマンズスカイに最適なPCは最初のページで解説しているので参考にしてもらえると嬉しいです。